最新情報

2021年新車モデル発表会とアドベンチャーツーリング Pan America™の最新情報!!

2021年新車モデル発表会とアドベンチャーツーリング Pan America™の最新情報!!

☆2021年2月22日に行われる限定発表会への参加にぜひご登録ください☆
ハーレーダビッドソンが追い求めてきたPan America™での冒険をご覧いただけます。2021年新車モデル発表会とアドベンチャーツーリング Pan America™の最新情報を見逃さないよう登録しよう。

https://www.harley-davidson.com/jp/ja/products/bikes/future-vehicles/pan-america.html

 

 

2019年にイタリア・ミラノで開催された世界最大規模のモーターサイクルショー、通称「EICMA」でハーレーダビッドソンから発表されたハーレー初のアドベンチャーモデル「パンアメリカ」。一体どんなバイクでしょうか?現時点で判っている情報をお伝えします。

・そもそもアドベンチャーモデルって何?
・パンアメリカの性能
・発売はいつ?
・まとめ

そもそもアドベンチャーモデルって何?

アドベンチャーモデルとは、山道や岩場、林道、砂利道など舗装されていない道路を長距離走ることを想定されて開発されたモデルです。かの有名なパリ・ダカールラリーのような砂漠や悪路をパワフルに走破する大型バイクをイメージしていただければ良いでしょう。

近年は、キャンプツーリングなどのアウトドアを嗜好する人が増え、今や世界中で注目されているモデルです。

アドベンチャーモデルに似たもので、オフロードバイクがあります。舗装されていない道、いわゆるオフロードに特化したものです。
オフロードバイクは悪路に対応するため、サスペンションや車体の高さなどがドライバーへの負担となり長距離運行するには向いていません。

アドベンチャーモデルは舗装されたオンロードも高速走行できるように開発されており、オン、オフどちらにも対応できるタイヤを装備しています。
つまり、アドベンチャーモデルは舗装、未舗装にかかわらず高速かつ長距離航行できるバイクとして注目を集めており各メーカーも開発に乗り出しているという現状です。

パンアメリカの性能

エンジンは新たに設計された「RevolutionMax」。水冷60度VツインエンジンDOHC4バルブを採用しており、排気量は1250ccと発表されています。145馬力の最大出力、最大トルクは12.4kg-m以上のハイパワーですが、カウンターバランサーを内蔵しておりエンジン振動の軽減・車両の耐久性向上に成功しました。それによって、ドライバーの長時間ツーリングを支えます。

ファイナルドライブは、ハーレーの特徴でもあるベルトドライブ方式ではなく、パンアメリカにはチェーン駆動方式を採用されます。とくにオフロードや暑さなど過酷な環境下でも切れる不安の少ないチェーンベルトを採用したのでしょう。
パンアメリカの詳細な性能については完全に公開されておらず、2021年2月22日にハーレー社開催の発表会で公開されることになります。

発売はいつ?

前述の通り、2021年2月22日にハーレー社開催の発表会で全ての情報が明らかになります。
発売時期は未定ではありますが、公式HPでも動画が公開されている通り、2021年中の発売ではないかと予想します。価格は180万前後では?との噂です。全てが明らかになる発表会が待ち遠しいですね。

まとめ

長距離をストレスなく、オンオフ問わず分け入って行ける走破性の高さを持ったアドベンチャーモデルの注目が高まっています。そして世界中のバイクメーカーが開発にしのぎを削っています。その中でハーレーダビッドソンがついにアドベンチャーモデルを発売します。これは長い歴史を誇るハーレーダビッドソンの新たな挑戦です。詳しい情報はぜひハーレーダビッドソン東久留米までお気軽にお尋ねください。